世界で一番キュートになろう

女子力アップ♡お役立ちニュースサイト

恋愛

もしかして、理想高すぎ?結婚適齢期の一般男性はどれくらいの年収が普通なの!?

どうもこんにちは。

突然ですがこの記事を読んでいるみなさんは、結婚相手を選ぶ条件として『年収』を要素の一つにしているでしょうか?

『年収で結婚相手を決めるなんて・・・』と考える方もいるかもしれませんが、今の時代では経済力がないと将来が不安なだけでなく、

産まれてくるかもしれない子どもにも苦労をさせてしまうので全然悪いことでは無いですよね。

とはいえ、実際のところ経済力のある男性はどれくらいいて、平均的な一般男性はどれくらいのお給料をもらっているのでしょうか?

一般男性の平均年収はいったいどれくらいなの?

経済力の指標として用いられやすいのが『年収』ですが、よく結婚相談所などで理想の年収が高すぎて相手が全く見つからなかったという方などの話を耳にします。

というわけでデータをもとに、一般男性の平均年収がどれくらいで『高年収』と言われている人たちがどれくらい存在するのかをみていきましょう。

一般男性の平均年収はなんど511万円!?でも罠が・・・

みなさん一般男性がどれくらいの年収をもらっているのか気になると思いますが、それを最も簡単に表す指標が『平均年収』です。

平均年収とは、全員の年収を足し合わせた額を人数で割った数のことを言います。

例えば年収300万円、年収500万円、年収700万円の三人がいたとして、この場合の平均年収は 300+500+700=1500万円 を3で割って『500万円』ということになります。

この平均年収が、『平均年収.JP』によると、日本にいる一般男性だと511万円ということになります。

『平均で511万円なら、頑張れば年収800万円くらい人と付き合えるかな?』と思った方もいるかもしれませんが、これにはたくさん落とし穴があるのです。

落とし穴1 : 年齢別に平均年収を見るとガクンと年収が下がる

先ほど出した511万円という数字は、まぎれもない『一般男性の平均年収』なのですが、よく考えて見ると数字には20代の男性も含まれれば、50代の男性も含まれることになります。

50代の男性とでも結婚したい!!というなら話は別ですが、多くの人は結婚する相手は2,30代の男性を対象にしていると思います。

つまり、結婚相手の年収を考えるならば対象にする年代の平均年収を見なければいけないわけです。

というわけでここでは20,30,40代の一般男性の平均年収をみてみましょう。

平均年収.JP』によると、年代別の平均年収は

  • 20〜24歳 : 265万円
  • 25〜29歳 : 371万円
  • 30〜34歳 : 438万円
  • 35〜39歳 : 499万円
  • 40〜44歳 : 568万円
  • 45〜49歳 : 638万円

ということになります。

どうでしょうか?例えば『30代の男性で年収500万円の人と結婚したい!!』と考えている方はその時点で平均以上の男性を見つけなければいけませんし、

『20代後半の男性で年収700万円の人と結婚したい!!』と考えている方はなんと20代後半の2倍もの年収をもらっているエリート男性を見つけなければならないことになります。

こうやって考えて見るとなかなかシビアな現実ですよね?

しかしこの結果は少子高齢化が進んでいて、未だに年功序列が常識となっている日本では必然的に若い人が経済的に弱くなるので、当然の結果と言えます。

経済力のある人というのは若い人の中には、なかなかいないものなのです。

落とし穴2 : 平均年収は一部の大金持ちによって引き上げられている

先ほど年齢別の平均年収をみて、結婚適齢期の一般男性には高所得の人があまり多くはいないということがわかったと思うのですが、実はそれだけではありません。

なんと平均年収という数字には秘密が隠されているのです。それは、

『平均年収は一部の大金持ちによって引き上げられている』

ということです。

具体的に見ていきましょう。

年収100万円のAさん、年収400万円のBさん、年収1億円のCさんがいたとします。

このときの平均年収はというと、100万円+400万円+1億円を3で割ってあげて、『3500万円』ということになります。

どうでしょうか?おかしいですよね。年収1億円の大金持ちが1人いるだけで平均年収が跳ね上がってしまいます。

この日本では上位14人が下位200万人分の資産を持っているくらいの経済格差があると言われているので、平均年収が一般的な男性の年収と一致するとは限らないのです。

この時に年収をはかる指標として役に立つのが、年収の中央値です。

年収の中央値とは例えば人が9人いたとして、5番目(真ん中)に年収が多い人の年収のことを言います。

つまりこれを日本全体ではかれば、ちょうど真ん中にランキングする人の年収が、年収の中央値になるので平均年収より的確な数字だと言えます。

Smartwithによると男性の平均年収は482万円なのに対し、年収中央値は420万円だったということが言われています。

年収が62万円って結構大きな数字ですよね。これは20代や30代に絞ると、年収中央値がもっと小さくなってしまうので大変なことです。

落とし穴3 : そもそも高年収の男性は非常にモテるので既婚率が高い

そして最後の落とし穴として、『そもそも経済的に余裕のある男性は既婚率が高い』ということです。

考えてみてください。婚活市場では高年収の人に人気があつまり、モテますよね?

ということは、すでに誰かに狙われていたり、結婚している可能性が非常に高いのです。

年収ガイドというサイトの情報なのですが30代男性の既婚率を年収別で見てみると、以下のようになります。

https://www.nenshuu.net/sonota/contents/kekkon.phpより引用

このデータを見てみるとわかるのですが、年収が高くなるにつれて既婚率が高くなっていますよね。

つまり婚活市場では基本的には未婚の人たちが集まるので、必然的に低所得の人の割合が高くなり、高所得の人の割合が低くなってしまうのです。

特に年収600万円以上となると既婚率が40%近くもあるので、この人たちとお付き合いをするのは簡単なことではないということがお分かりいただけると思います。

高年収の人と付き合うためにはどうしたらいいのか?

高年収の人と付き合うのは簡単なことではないことがわかったと思うのですが、それではどうしたら高年収の人と付き合うことができるのでしょうか?

私は今の時代ならその気になればどんな人とでも付き合うことができると思っているのですが、

多くの人は良い人と付き合いたいと思いながらも、そのためにどんな行動を起こすべきか?またそれを知っていても行動力や自身がなくて実行することができないだけなんだと思います。

今の時代なら婚活サイトや結婚相談所など良い人と結婚したいと思っている人々へのニーズに答えてくれるようなサービスがたくさんありますので、あなたが本気ならばこれらのサービスを有効活用するほかありません。

セミナーや社会人サークルなど、出会いの場を増やす

セミナーや社会人サークルというものを聞いたことがある方はどれくらいいるでしょうか?

実は最近このような仕事以外での交流の場を持つ人がたくさん増えてきており、恋愛に発展するケースも増えてきています。

社会人サークルに行けば大学のサークルと同じノリで楽しく無理することなく相手を探すことができますし、セミナーに行けば意識の高い人たちが集まるので、自然と上昇志向を持ったスペックの高い相手を見つけれる可能性が上がりますよね。

もしあなたの周りにセミナーの情報や社会人サークルに入っている知り合いなどがいるのでしたら、ぜひ話を聞いてみてはいかがでしょうか?

婚活サイトや結婚相談所などを利用して効率よく相手を探す

やはり高年収の人とお付き合いする最もいい方法は、『婚活サイト』や『結婚相談所』を利用することでしょう。

このようなサービスに多少の抵抗を持っている方もいらっしゃるかもしれませんが、本気でいい相手を探したいと思っているならば、手段を選んでいるひまなんてないですよね。

高年収の方とお付き合いできる婚活サイトや結婚相談所として、以下のようなものが挙げられます。

M’sブライダル・エグゼクティブ

VIP&セレブ専門。医師、弁護士、CA,秘書など、選ばれた方のための結婚相談所。厳選された会員の中からお相手をご紹介。羨望婚ならM’sブライダル・エグゼクティブ

この結婚相談所の良い点としては、登録男性は医者や弁護士、社長から大学教授など、年収1000万円以上の高所得の方々が中心だという点ですね。

普通に生活している中でもとても見つけることのできないようなハイスペックな男性がたくさんいるというのもポイントですよね!!

相談所の立地も帝国ホテルタワーから東京駅直結の新しい高層オフィスへとリニューアルオープンしているので、とても行きやすく立地がとても良くなっています。

また、都心に在住・勤務されている方には出張相談サービスというものがあり、忙しくて時間がないという女性の方でも利用しやすいように工夫がされているのもオススメポイントです。

女性はというと、秘書やモデル、公務員から保育士などと多種多様な職業の方が登録されているので、『本当はハイスペックな方とお付き合いしたいけれど、私は・・・・』という女性でも、安心して利用することができますよ!!

数々のマスメディアでも評判の結婚相談所なので、もし気になる方は登録してみてはいかがでしょうか?

表面的な要素だけでなく、性格や能力など内面的な部分を見ることが重要

これまで日本の一般男性には高い年収をもらっている人が皆さんが想像している以上に少ないので、経済的に余裕のある人とお付き合いするのは多くの努力が必要であるということを紹介してきました。

ここまで記事を読んでくれた方の中にはショックを受けたりガッカリしてしまった方もいるのではないでしょいうか。

しかし、20、30代というのは日本社会からするとまだまだ若い方でこれからどんどん社会人として成長していくのです。

なので現時点での年収という表面的な数字にとらわれることなく、その人の性格や能力、そして周りからの評価など、これから成長していく見込みのあるような素晴らしい要素を見極めるようにしましょう。

最後まで記事を読んでくださってありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です