世界で一番キュートになろう

女子力アップ♡お役立ちニュースサイト

ファッション・美容

メイクでもっと可愛くなる!意外と知らないチークの使いこなし術

ついついメイクの流れ作業にしてしまいがちなチーク。

カラーも使い方も変化が無いという人も多いのでは?

実はチークはメイクの仕上がりをぐぐっと底上げしてくれるアイテム。

意外と知らないチークの使いこなし術をチェックしましょう!

ラベンダーカラーを仕込んで透明感アップ

肌の透明感をアップさせたいなら、いつものチークの仕上げにラベンダーカラーのチークを重ねるのがオススメ。

青み系カラーに苦手意識を持っている人も多いですが、

ラベンダーカラーは肌に馴染みやすく、ナチュラルに肌の透明感をアップさせてくれる魔法のカラー。

使いこなすコツは、単品で使うのではなく、いつものチークの仕上げにふんわりと重ねる事。

はじめに塗ったチークをぼかすイメージで重ねましょう。

ワンポイント

付けすぎると顔色が悪く見えてしまうこともあるので、

ブラシにチークをとったら手の甲などで軽くはたいて量を調節すると、

失敗しづらくなりますよ。

クリームとパウダーをW使いして色持ちアップ

夕方頃にはメイクが崩れてチークの色味がなくなってしまう…。

頬杖やマスクなどでチークは落ちてしまいがち。

血色感がなくなってしまうと、顔色がくすんでしまいますよね。

チークの色持ちをアップさせたいなら、パウダーチークの前にクリームチークを仕込んで色落ちしづらい下地を作っておきましょう。

クリームチークは肌への密着度が高く、さらにその上にパウダーチークを重ねることで色持ちがアップ。

パウダーチークの発色も良くなります。

ワンポイント

クリームチークを塗るときは、

スポンジなどを使って肌にたたき込むと、ムラなく塗る事ができ、

肌への密着度が高まります。

似合わなかったチークをお助け!

肌色に合わずお蔵入りしている青み系チークを復活させてくれるのが、イエローチーク。

日焼け肌さんや、黄味の強いイエローベースの肌色の人だと、青み系カラーは浮いてしまいがちですよね。

しかし、青み系カラーのチークを塗る前に、イエローチークをベースカラーとして仕込むことで、

青み系カラーが似合わない人にも自然に馴染んでくれます。

肌と馴染ませながらも、青みカラーの可憐な印象も残すことができます。

大人っぽい印象になりがちなベージュ・ブラウン系チークのベースに使用すると、

血色感がアップしてヘルシーな印象にチェンジできますよ。

ワンポイント

クリームチークの場合は、

イエローチークを上から重ねてもOK!

2色をレイヤードしてじゅわっと滲み出す血色感に

ピンクとオレンジなど、

違う色味をレイヤードすることで、肌の内側から滲み出すような奥行きのある血色感が生まれます。

ベースにピンクを薄く塗り、

頬の高い位置にオレンジを重ねると、

ぽっと体温が上がったような温もりのある血色感が出来上がります。

ワンポイント

しっかりとぼかして、

2色の境目を馴染ませるのがナチュラルに仕上げるコツ。

チークは頬だけじゃない!?

チークは頬だけだと思っていませんか?

頬以外にも塗ることで、小顔効果や印象チェンジができちゃうんです。

あご先にチークを塗って小顔効果

あご先にチークをぽんぽんと薄く塗ることで、

シャープな印象が和らぎ、まるみのある優しい印象になります。

色がつき過ぎると不自然になってしまうので、

ブラシでさっとひと撫でして、ほんのり色付く程度がベストバランス。

アイシャドウのベースにON

頬に使用したカラーと同じチークをアイシャドウのベースに塗ることで、

メイクに一体感が生まれ、トレンドのワントーンメイクの出来上がります。

アイホール全体に薄く、広く馴染ませるのがコツです。

下まぶたに塗ると、

ほどよい血色感がプラスされ優しい印象の目元に仕上がりますよ!

耳たぶにちょこ塗り

髪をアップスタイルにするときや、耳にかける時は、耳たぶにもチークを塗ってみて!

ドキドキしたり照れたとき、頬や耳が赤くなったりしますよね。

その時の血色感をチークで作っちゃいましょう。

デートの時などに一手間加えてみてください。

クリームチークを使うと、より自然に仕上がります。

鼻に塗ってキュートな表情に

頬だけでなく、鼻の頭にチークをプラスすると、ほんのり日焼けしたようなヘルシー&キュートな印象に。

オレンジやコーラルなどのカラーなら日焼けしたようなヘルシーな印象に、

ピンク系ならピュアでキュートな印象に仕上がります。

塗りすぎると赤ら顔!?になってしまうので、

ブラシでちょんちょんとタッチするくらいにしましょう。

まとめ

メイクの脇役になってしまいがちなチークですが、

使い方を工夫することで表情や印象を自由自在に変化させてくれるアイテムなんです。

チークを使いこなせばメイク上級者の仲間入り!

ぜひ明日から取り入れてみてくださいね。

ABOUT ME
rina
rina
ライターをしている、りなです。恋愛系の記事が得意です!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です