世界で一番キュートになろう

女子力アップ♡お役立ちニュースサイト

ファッション・美容

いつも「顔色が悪いね」と言われてしまう・・。どうして?対処法はあるの?

これと言って不調は感じていないのに「顔色悪いね」と言われると、ショックですよね。

それと同時に“私って何処か悪いのかも?”と考えちゃったりもしますよね…。

今回は顔色が悪く見られがちな人の体質や原因を紐解いていき、対処法をご紹介していきます。

顔色が悪く見られてしまう原因

1日に1回必ずは自分の顔はチェックしますよね。

鏡で自分の顔を見た時に、あなたの顔色はどうですか?あまり良くないと感じてる方もいらっしゃいますよね。

顔色は健康のバロメーターと言われており、顔色が悪いと言う状態は体に何かしらの不調をきたしている可能性があります。

冷え性

冷えは女性の敵と言われていますね。

男女では筋肉量や脂肪の多さと言った体の造りも体質も違い、女性は冷え性になりやすいのです。

そして顔色が悪い原因の1つとして冷えがあげられています。体が冷えると、血管に血液がスムーズに渡らなくなることが理由です。

この冷えは顔色だけではなく肩こりの原因の1つでもあるので、あまり体を冷やさぬように心がけましょう!

病気

女性は男性に比べて貧血になりやすい傾向があります。その理由は毎月くる生理が原因です。

もし貴女の顔色が青白い場合は貧血を疑いましょう。ヘモグロビンが不足すると、赤みが少なくなり顔が青白くなるのです。

貧血以外にも何らかの病が隠れていて、体からのSOSが顔色に出ていることも考えられます。

顔色が悪いのと同時進行に体の何処かに不調を感じている場合は早めに病院に行きましょう。

喫煙

タバコを吸い続けると、皮膚のハリがなくなり、シワが増えて肌に水々しさがなくなります。

これをスモーカーズフェイスと言って、老け顔になっていまうのです。

タバコにはご存知の通りニコチンが含まれており、このニコチンは血管を収縮させる作用があり体の血液の流れを悪くさせるので顔色が悪くなってしまうのです。

ストレスや睡眠不足

あなたは一日何時間眠っていますか?

現代社会は経済的に豊かになり、科学技術も進歩し、便利で快適な生活が実現している反面「ストレス社会」とも言われていますね。

この記事をお読みになられてる方も日々変わりゆく日常にお疲れになっている…と言う人もいると思います。

ストレスは体に様々な悪影響を及ぼします。中でも有名なのが不眠症ではないでしょうか?

ストレスや睡眠不足は血液の流れを悪くさせますので、結果血行不良となり顔色が悪くなる原因になります。

ストレスをためるな。と言うのは難しいとは思いますが発散方法を身に付けましょう。

メイク

顔色が悪く見られる理由の中には、メイクのやり方に原因があることも考えられます。

コンシーラやファンデーションと言った下地は何を使っていますか?

シミやくすみは極力見えないようにしたい…と思って、つい塗りすぎていませんか?毎日メイクはすると思いますが、今一度自分の肌に合ったメイク道具かどうかを確認してみましょう。

顔色が悪く見られるのが嫌だからと言って、チークの塗りすぎには注意しましょうね。

顔色を良くみせるための対処法

「顔色悪いね」と言われて嬉しい人は、そうそういないと思います。例えば、仮病を使って仕事や学校を早退したい場合は別ですが。

ここからは、顔色が悪いと言われて悩んでいる方への改善方法をご紹介します!

マッサージ

血行不良が原因で、顔色が悪い場合はマッサージが効果的です。

女性であれば、朝と晩にお顔のお手入れをすることと思いますが、そこに一手間加えてみましょう!

お風呂に入浴中でも簡単に出来るマッサージを1つご紹介します。

まずは乳液かクリームを準備します。それを手指にのせて、お顔の中心部分から、こめかみの方へ向かってさすり。こめかみに集めたリンパを耳の脇側を通って、鎖骨まで流していきます。

どうですか?難しくありませんよね。その時、強い力では行わず。指と肌が触れるくらいの力で行いましょう。

運動や入浴で冷えを解消

あなたは運動は好きでしょうか?仕事や学校、家事等がある方は運動をする時間はあまりつくれませんよね。

けど運動をすることで下半身に筋肉がつくので、足から心臓に戻る血流が良くなり顔色が良くみえるようになります。

運動と言っても走ったりしなくても、ストレッチするだけでも効果があります。取り入れてみるのはいかがでしょうか?

運動する時間がない!と言う方は、極力湯船につかる習慣をつけましょう。

日々忙しいとシャワーで済ませてしまうことが多いと思うのですが。毎日体を温めることで血行を良くすることができますので、顔色を良くする効果もあります。

お風呂に浸かる時間は30分前後が目安ですが、肩まで30分も浸かっていてはのぼせてしまいますので半身浴がオススメです。

炭酸ガス入りの入浴剤を使うと尚良いでしょう。

栄養のある食事を摂り、しっかり寝ましょう

顔色をよくするためには、偏った食事はさけましょう。

女性の中にはスタイルを気にして炭水化物を抜いたり、野菜しか食べなかったりと言う人もいることでしょう。それでは体にとってのエネルギーが不足してしまいますよ。

様々な食材を取り入れて、バランスの良い食生活を送れるよう心がけてみてくださいね!

冒頭にもご説明しましたが、女性は生理があることで鉄分が不足しやすいので納豆やレバー、お肉の赤身と言った鉄分が含まれた食材を積極的に摂取しましょう。

あと、夜更かしも避けて体が疲労していると感じた時にはいつもより長めに睡眠時間を確保しましょう。

まとめ

いかがでしょうか?

顔色が悪く見える原因は、血行不良が主ですが、日々の生活習慣を見直したり、気にしていればよくなるようです。

メイク等でもカバーが出来るので、顔色が良く見えるようなメイク方法も研究してみてくださいね!

それでも「顔色が悪い」と言われたり、自分でも感じるようであれば病気を疑うようにしましょう。体からのサインも考えられます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ABOUT ME
rina
rina
ライターをしている、りなです。恋愛系の記事が得意です!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です